行政書士石川秀俊事務所

横浜市金沢区の“歌う行政書士®”(歌う筋力行政書士)石川秀俊と申します。“こころの遺言相続®”と題して民亊法務(遺言・相続・離婚・その他)、各種許認可(補助金・車庫証明・その他)のお取り扱いをしております。最寄駅は、野島公園、金沢八景、追浜となります。法制度や法務などに慣れていない方にも、親切、丁寧な対応をモットーにお客様対応をさせていただいております。どうぞよろしくお願いいたします。

ご利用ありがとうございました

本日は、お客様へのご納品などの最後のご面談をさせていただきました。 思えば、昨年の師走に入ってから当事務所にご連絡いただきまして、その後、何度かご面談をさせていただきました。 当職も、お客様対応を通じて、本当に様々なこと […]

日本行政書士会連合会常住会長とのご挨拶

日本行政書士会連合会(日行連)の常住豊会長には、昨日、本当に稀有な機会をいただきまして、畏れながら、当職もご挨拶させていただきました、誠にありがとうございました。 今週、司法試験等各種法律系試験などで大変に有名な(あの! […]

上大岡公証役場

電車で上大岡駅まで来られた場合の上大岡公証役場への行き方です。 市営地下鉄線の場合は、弘明寺や関内寄りの改札口を出て、京急百貨店側ではなくスポーツ用品店側の地上出口に行かれると近いと思います。 また京急線の場合は、京急百 […]

行政書士会同期入会の髙島先生との歓談

本日も大雪の予報ではありますが、先月の降雪時に、神奈川区にあるたかしま行政書士事務所の髙島良太先生と歓談させていただきました。 髙島先生は、当職と同じ時期に神奈川県行政書士会に入会(令和3年1月1日行政書士登録)されてい […]

ある会社様とのお取引

先日、事務所の新施策(未だ公開はできません)に関連して、ある会社様の方と面談させていただきました。 わたくしの場合、複業先の会社では、他の会社様の方からご訪問を受けたりするのは日常茶飯事ではありました(上場廃止にはなりま […]

補正を送信しました

商願2021-141229の拒絶理由通知書の内容を詳細に確認しておりましたところ、当方の出願内容に問題があったということで補正を送信いたしました。 詳しくは、商願2021-141229の拒絶理由通知書を見ていただければと […]

面談に関する書籍を読んでおりました

行政書士としてお客様と面談をさせていただくことは日常業務のうちですが、その心得などが子細に書いてある良書を読んでおりました。 実は、開業間もない頃に、何かのネット記事で読んで電子書籍として購入をしておりました。 ・・・が […]

拒絶理由通知がきました!

特許庁に出願中の商標(商願2021-141229)について、拒絶理由通知がきてしまいました!! 本投稿はすみませんが、わかる方にはわかります式の書き方をさせていただきます。- (といっても、当職は弁理士ではありませんので […]

同業者との情報交換で受ける刺激

本日は、関内にて同業者の方と歓談して参りました。 普段は別々で業務を行っておりますので、いわゆる業務上での接点が基本ベースではあるのですが、それでも、受任業務によっては互いに頼られ頼ることも多いのが個人事業主の楽しさなの […]

遺言書保管制度の長所

画像は法務省のサイトより画面ショットを撮りお借りしております、ありがとうございます。 遺言公正証書にはない、特定の場合によっては相当使える機能が、法務省の遺言書保管制度にあるんだなと思いましたので、記事を投稿しておきたい […]

遺言書セミナー開催します!(2月25日)

お待たせいたしました! 当事務所が腕によりをかけて(→総力を挙げて)実施します、遺言書セミナーを来る2月25日(金)に開催いたします!! それ以外の詳しい情報は、お手数ですが、こちら↓の画像をクリックしてリンク先記事をご […]

SNSでの広告に関して注意を払うべき点・・・

現代はソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、「SNS」といいます)で広告することが多いとは思います。 その理由としては、結構な確率で無料サービスが提供されているため、インターネット上のプラットフォームを使って広告 […]

事前確認につきまして

各種支援金の事前確認につきまして、当事務所の考え方を掲載させていただければと思っています。 先ず冒頭に申し上げておきたいこととしましては、事前確認業務について、当事務所は有料とさせていただいております。 事前確認の工程な […]

士業の矜持って・・・

ちょっと先日、不可思議に思った士業らしき人物の対応に疑問を抱いたので、本投稿でご紹介いたします。 その「士業らしき人物の対応」とは、ズバリ弁理士です。 コトの発端は、ある知り合いの士業者が、その士業者と連携?あるいは単に […]

遺言能力について

遺言は15歳からできますが、その条件を満たしていたとしても、適切な方式による遺言書であっても無効となる場合があります。 本投稿で取り上げたい事例としましては、高齢化社会という言葉と、かなりの程度密接な関係とされている認知 […]

商標権侵害可能性のチェック

当職は「歌う行政書士®」の商標権を維持するために、インターネット上の検索のみではありますが、ある程度定期的にチェックを行い、当事務所以外において使用されていないかどうかについて確認をしております。 もっとも、商標登録が今 […]